第15期 全国審判員研修会

先週金曜日は、東京出張 芝公園付近で「国際人材」に関する打合せ。翌日も東京に行かなければならないのだが、天気予報では「大雪」との事。

上司から、今帰っても明日新幹線は止まっているから泊まっていけばと言うが準備をしていないのでやはり静岡に帰るしかない。

静岡に着くころには練習が始まっているので今日は休み。(残念)

自宅に帰り翌日上京への準備をして就寝。

朝、5時30分起床。荷物を車に積んで妻に清水駅まで送ってもらいJR駅へ。
今の所、JRは正常運行。

そのまま、静岡駅に到着。

S木先輩と合流して新幹線を待っていると、もう一名の参加者が、今日中に静岡に帰ってこられなければまずいとの事で欠席との連絡があった。

何しに東京に行ったかと言うと「第15期 全国審判員研修会」(拳術審判員)の本試験と翌日の「公認拳術審判員対象 全国審判員研修会」(新国際ルール研修会)の受講にいってきました。

しばらくして、三島を通過した辺りから景色は雪景色に変わってきました。

そして、新横浜を通過する事には「大雪」。(こんな降り方は、スキー場でしか近年見たことはないです)

幸いにして、品川に15分遅れで到着。

9時少し前に参宮橋に到着。会場までの道のりは結構な雪。

でも、試験会場の「国立オリンピック記念青少年センター」にも定時前に到着する事ができてほっとしました。
会場では、静岡東部と仲間たちとも出会う事が出来ました。

「太極拳審判員」125名 「拳術審判員」15名の受験者数です・

剣術審判員、講習は午前午後とあり講師は T中講師でした。

ビデオを見ながら、点数をつける実技を行いましたが、なかなか見切れない。
結局は、原点内容をすべて暗記出来ていない事による事なのですが、なかなか難しい。
でも講習の終わりには、どのような行為が減点になるか納得できました。

これを押さえておけば、ジュニアの生徒たちの減点対象箇所も解るのでいい勉強になります。
夕方近くに「本試験」 長拳男子 2組 10名 と剣術女子 1組 5名の採点試験を行いました。

結果は、3月中旬に発表されるようですので結果を待ちたいと思います。

その日の宿泊は、会場から徒歩10分位の所で歩いて行こうと思ったのですがとてもいける状態では無くタクシーでホテルまで移動しました。

豪雪です。(会場内でこけました)

ホテルから外を見ると、車も少なく、人影もまばらでいつもの都内とは違いました。

その後、S木さんと近くの居酒屋で飲食。

泥酔のなか、師兄と師姉と電話で会話。(記憶が有りません)

そして、翌日の天気を願ってホテルに戻り就寝。

朝起きるとかなりの頭痛と吐き気。

完全な2日酔いです。

朝食も食べれず、出発時間の8時30分迄水を飲んでごろごろしていました。

窓の外を見ると一面銀世界。何処かのスキー場かと見間違うほどの積雪。

チェックアウトを済ませ、会場までのタクシーを捕まえようと道路に出るもなかなかタクシーが見つからない。
タクシーを捕まえて会場入りすると、他の静岡メンバーも飲酒をしていたようで2日酔いで結構辛そう。

その日は、「新国際ルール研修会」です。

講師は変わりませんが、昨日と打って変わって、公認拳術審判員対象ですので参加者が60名位です。

T中講師の丁寧な説明と昨日の講習内容がダブってこの日の方が理解が深いです。

模擬採点も行いましたが的は外れていなかったようです。

会場で久しぶりに、逢った師姉と話が出来て良かったです。
これも、師匠が結んでくれた縁です。

帰りは新幹線の遅れも無く、先輩と軽く飲酒しながら帰りました。

今回学んだ事を、教室で生かしたいと思います。

※静岡市ジュニア武術太極拳&中国武術教育研究会では会員を募集しています。
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~chi1i3r7/
お気軽にお問い合わせください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック